リスニングと比べて

*

TOEIC対策をしてもっとも効果がでやすいのはリスニングです。 現にTOEICのリスニングは満点保持者も多く、ちゃんと対策すれば 点は伸びるという証明になっているのではないでしょうか。 それに比べリーディングは難関です。語彙力・文法力・読解力が 備わってなければ、高得点を狙うのは難しいです。





リーディング高得点の狙い方

TOEICのリーディングで高得点を狙うのには、読解問題はもちろんですが、 語彙と文法をしっかり覚えておきます。英語の雑誌や新聞を購読して みるのもおすすめの勉強法の1つです。

TOEICの対策本などでいくら勉強しても、 ネイティブでないわたしたちにはわからない言葉や、 文法がかならず出てきます。完全には理解できないリーディングセクションで 高得点を得るには、文脈をつかむ力が重要になってきます。


リーディング高得点の狙い方2

TOEICの長文の読解問題がとくにそうですが、わからない言葉がでてきても、 前後の文脈から意味を推測します。日本人で日本語でも新聞を読むときに 同じようなことをしていますよね。TOEICの読解問題でも同じように必要になります。

TOEICの読解問題で文脈をつかむための練習は、とにかく読む数を増やすことが大切です。 文脈をつかむ練習をするためには、小説などのストーリーがあるものがおすすめです。